順序

こんにちは!



西東京市 田無の鍼灸院 はり・きゅう施術室 優



田中利幸です。




身体のどこかしらを痛くした時に、最初に押したりなんなりしたくなることがあるかと思います。



鍼療の最中にも、これは押したりしてもかまわないの?という質問があります。



大概はこういう対処で解決することがこれまでにあったからです。



しかし、中にはそれで解決せずに悪化する事もあります。






私、4月の半ばごろに階段から滑ってしまい、右肘を強打しました。



経験したことある人もいると思うのですが、肘の内側を何かにぶつけると小指側に痺れがはしることがあると思うんです。



それが強い状態で表れて、肘を曲げると痛みと痺れがずっと出てました。



最悪靭帯損傷か断裂と頭をよぎりましたし、それくらい痛かったんですよね。



ただ特に生活に支障はなかったので。



この場合、仮に断裂していればまず痛みがひかないのと、肘の可動域がおかしなことになっていたはずです。



靭帯は関節がおかしな方向にむかないようにする役割もありますから、今回はそうではないので断裂はしてないなと。



強打した場合に切れるというところまでいくかとも思いますが、ほんの少し角度や衝撃の箇所が悪ければあり得ない事ではないものです。



普段運動しない人が急に走って、アキレス腱を切ったなんてことがあるくらいと同じような事です。




では普段何をしていたかというと、保存療法が主となるでしょうから安静に。



鍼を刺して灸を据えてを繰り返してました。



痛みが減っては来ましたが、曲げたときの痺れ感が消えないので、この継続です。



無理に運動したりはしませんでした。



最近になってその痺れ感も無くなり、動かしても痛くはないので、完治までもう少しですかね。




冒頭で書いたように、痛みがあるとその箇所を押したりしたくなります。



それで解決する場合は構いませんが、そうでなければ押したりは禁忌。



安静にしながら少しずつ動かしていきます。



当たり前なのですが、この手順を踏むのが難しいものです。



少しくらい痛くても平気だと思うので。



押したり、動かしたり、何かしらしたことで悪化する事もありますから。



それで解決する時は軽度、しない時は重度寄りの症状。



一つの目安ですね。




心配でしたら画像所見を仰ぐことをすすめます。



治していく過程にはそれなりに順序があるということです。




田無の鍼灸師:田中利幸

0コメント

  • 1000 / 1000

田無の鍼灸院 はり・きゅう施術室 優   西東京市 田無駅徒歩3分 鍼灸・小児鍼灸

西武新宿線 西東京市は田無町にある鍼灸院です。 健康は事は何にも代えがたいのではないでしょうか? 病院で解決しない悩みを解決します。 アトピー性皮膚炎やアレルギー、自律神経失調症、夜泣き・疳の虫の小児鍼灸など子供から大人まで様々な不調をご相談下さい! 鍼と灸による身体に優しい施術をしています。