産後の鍼灸

こんにちは!



西東京市 田無の鍼灸 はり・きゅう施術室 優



田中利幸です。






先日出産されたキャサリン妃。



無事元気な男の子を出産されたことがニュースで挙げられました。



出産はおめでたい事ですね。



その中で私がびっくりしたこと。



日本時間の23日午後7時過ぎにキャサリン妃が出産され、



退院して公の場に姿を見せたのがその7時間後の24日午前2時頃。



凄い早さですね。





一般的に日本では出産後は5~7日位は入院することが多いと思います。



それが7時間後には退院する訳ですからね。




産後の体調が心配です。




出産には多くの血が消耗されるとされています。



多くの陽気が外に出てしまいますから、身体を休めることが必要です。



故に産後はゆっくり休むことが重要とされています。



ただでさえ産後はペースが乱れます。



数時間おきに母乳をあげなくてはいけませんし、家事もしなくてはいけません。



誰かお手伝いにでも来てくれたら休むことも出来るでしょうが、そうもいかない人もいるでしょう。



兄弟児がいればそちらに手がかかるでしょう。




産後に血が不足した状態で、回復をするよりも更に血を消耗する生活になってしまったら、どうなるかはお分かりですよね。



そこで「なんとかしなくては!」と頑張る人が体調を崩してしまいます。



血が少ない状態ということは、寝れなかったり考え事がまとまらなかったりします。



そうすると、何をするのもおっくうになってしまうので、やがて産後鬱になる傾向にあります。






出産後というのは身体の変化をもたらす大きな要因の一つで、



ココの回復がうまくいかないと、



出産後から何年かしてから具合が悪くなる事あります。




体調の変化の原因がそのあたりにある人も沢山います。



いろいろな問診してみるとそのあたりのタイミングの人も多いからです。



だから産後は休まなくてはいけないのです。




因みに出産後はあらゆることに敏感になる事も多く、



神経を張り巡らせて常に何かに気が付きます。



旦那さんの些細な事にもイラっとくるのはそのせいです。



なので旦那さんは奥さんには気を遣いすぎるくらいが必要です。



でないと夫婦喧嘩の大きな原因になる事がありますからね。



注意して下さい!




田無の鍼灸師:田中利幸





西東京市 田無の鍼灸 はり・きゅう施術室 優



月曜 ~ 土曜 9:00 ~ 19:00



日曜 祝祭日 休診



042-453-3600

田無の鍼灸院 はり・きゅう施術室 優  西東京市 田無駅徒歩3分 鍼灸・小児鍼灸

西武新宿線 西東京市は田無にある小さな鍼灸院です。 アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患、自律神経失調症、夜泣き・疳の虫の小児鍼灸など 子供から大人まで様々な身体の不調をご相談下さい! 鍼と灸にて身体に優しい鍼灸をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000