スポーツ

こんにちは!



西東京市 田無の鍼灸 はり・きゅう施術室 優



田中利幸です。



スポーツにおいて厳しい練習をすることは一般的な事



その弊害の一つに挙げられる成長期の故障。



それらを生み出す管理体制の問題。



様々なカテゴリーにおいていつまでも変わらない問題ですよね。






野球における大きな問題の一つ。



中高生の過度な投球数や長時間の練習が問題に挙げられ、



その体質が変わらないが故の結果とされています。



プロになりたい



勝ちたい



レギュラーになりたい



という目的は非常に素晴らしい事だと思います。



しかし、



その結果、好きな野球を諦めてしまった、嫌いになってしまった。



という事も多く聞きます。




以前、横浜ⅮeNAベイスターズの筒香選手も異議を唱えてました。




故障しないように沢山練習することは大事。



その練習方法の在り方を学ばなくてはいけないのでは。



海外の方法をそのまま取り入れるのではく、



日本のスタイルに合ったように変化を付ける事も必要なのでは。






野球もサッカーもそうだと思うのですが、



他に比べて競技人口の数が違いますよね。



人数はいつも沢山いる訳なので改善にならないのでしょう。



そうすると無理な練習や人員の整理などが当たり前になる。



お金貰ってプロでやる分にはかまわないでしょうが、



これから成長する可能性のある選手たちに考えものです。




市内のサッカーや野球チームにも多く見られます。



小学校低学年のうちから選抜。



先日、ラグビーの花見の時に上のカテゴリーの講師と会話出来ましたが、



ラグビーはまだまだ野球、サッカーよりはマイナー競技。



だからそういう選抜も野球、サッカーだから起こる。



うちのラグビーはまず全員続けることが出来るように、



ラグビーを好きになるようにが目的なので選抜はしない。



今の時期はそれでもいいという事を話しました。




確かに参加しているラグビーチームは緩めにやってます。



それでも学ぶ事、成長する事はあるんだと思うと、



私も講師としても接し方にも参考になりました。




そして、この記事から思う事もあったので、



怪我をさせないようにすることの大切さから、



競技への関わり方にも考えさせられました。




また一つ勉強です。



田無の鍼灸師:田中利幸




西東京市 田無の鍼灸 はり・きゅう施術室 優



月曜 ~ 土曜 9:00 ~ 19:00



日曜 祝祭日 休診



042-453-3600

0コメント

  • 1000 / 1000

田無の鍼灸院 はり・きゅう施術室 優   西東京市 田無駅徒歩3分 鍼灸・小児鍼灸

西武新宿線 西東京市は田無にある鍼灸院です。 健康である事は何にも代えがたいのではないでしょうか? アトピー性皮膚炎やアレルギー、自律神経失調症、夜泣き・疳の虫の小児鍼灸など子供から大人まで様々な身体の不調をご相談下さい! 鍼と灸による身体に優しい鍼灸です。