血の重要性

こんにちは!


西東京市 田無の鍼灸 はり・きゅう施術室 優


田中利幸です。


予報通りの降雪からのやや積雪。


ただ、路面はあっという間に溶けてくれました。


念の為にと今朝も家周囲の雪かきしました。


こんなに雪かきしたのも東京に来て初かもしれないですね。



さて、


最近、産後の身体の変調を目にします。


何という事はないが体調が優れない。


これが酷い人は眩暈、のぼせ、イライラといった症状。




産後は血を消耗しているので不安定になります。



それ以前に女性は血との関りが深い訳ですから、


妊娠、出産、産後と血の変調が起こってもおかしくありません。



「女人似血為主. 血王則経調」


という表現が古典にあります。


「女人似血為主」


女性は血をもって主となす。


女性を支えているもの、女性を働かせているのは血である。


という表現です。


普段から大切な月経周期や妊娠、出産などは血を沢山使いますという事。



「血王則経調」


血が王ずれば、経調う。


血が旺盛であれば、経=月経も整う、


というような表現ということです。



結果、血が充実していたら、婦人科疾患は安定して病気にはなりにくい、


もし病気になった時も、血を整えてあげる事が重要。



という事がまずは基礎にあるということです。



今は産後の方ですが、


若年層、成人初期から中期、更年期に差し掛かる方、


それぞれの状態と訴えがあるので、


女性には血が非常に関りが深いと改めて思います。



恩師の先生に深く教授頂いた事がようやく身になってきました。



「焦ってはいかんよ~」


確かにそうでした。


これからも肝に銘じておきます。



田無の鍼灸師:田中利幸




西東京市 田無の鍼灸 はり・きゅう施術室 優


月曜 ~ 土曜 9:00 ~ 19:00


日曜 祝祭日 休診


042-453-3600

0コメント

  • 1000 / 1000

田無の鍼灸院 はり・きゅう施術室 優   西東京市 田無駅徒歩3分 鍼灸・小児鍼灸

西武新宿線 西東京市は田無にある鍼灸院です。 健康は事は何にも代えがたいのではないでしょうか? アトピー性皮膚炎やアレルギー、自律神経失調症、夜泣き・疳の虫の小児鍼灸など子供から大人まで様々な身体の不調をご相談下さい! 鍼と灸による身体に優しい鍼灸です。