しょうがない

こんにちは!


西東京市 田無の鍼灸 はり・きゅう施術室 優


田中利幸です。



「しょうがない」


「仕方がない」


よく使う言葉の一つの例だと思います。



Wikipediaによると、


仕方がない(しかたがない)は、理不尽な困難や悲劇に見舞われたり、避けられない事態に直面したりしたさいに、粛々とその状況を受け入れながら発する日本語の慣用句。ほぼ同義の表現として、仕様がない(しようがない)、止むを得ない(やむをえない)などがある。古くは是非も無し(ぜひもなし)、是非も及ばず(ぜひもおよばず)などともいった。


という記載があります。



どうにもならないことだったり、半ばあきらめ気味に使ったりしますね。



それくらいの気持ちに余裕を持っている事が、


望ましいことなのかもしれませんが、


その一言で簡単に済ます訳にもいかない事もあります。




大事なことはそれで済まさないでしっかり話をする。


出来るようで出来ない事もあります。


難しいものです。



何気ない一言ですがね。



田無の鍼灸師:田中利幸




西東京市 田無の鍼灸 はり・きゅう施術室 優


月曜 ~ 土曜 9:00 ~ 19:00


日曜 祝祭日 休診


042-453-3600

西東京市 田無の鍼灸院                         はり・きゅう施術室 優

西東京市 田無駅徒歩3分 身体に優しい「はり」と「きゅう」を用いて施術しています。 様々な身体の不調をご相談下さい!

0コメント

  • 1000 / 1000