桃栗三年柿八年

こんにちは!


西東京市 田無の鍼灸 はり・きゅう施術室 優


田中利幸です。


当院前の解体工事からしばらく。


何やら基礎工事のような雰囲気が始まっています。


建売でもできるのかもしれませんね。


またしばらく騒音によるご迷惑をおかけするかと思います。



さて、


「鍼灸はどんな勉強をするのですか?」


という質問は会話の中で多々あります。



試験用に座学を理解しないといけない部分もありますが、


術を施す時に必要な臨床上の勉強も大切になります。



その中の一つにある古典。




鍼灸は古典医学を基に行う方法も存在し、


私が施術する方法はその方法です。



古典というと漢文のようなものをイメージして貰うと思いますが、


最初は全く読めませんでした。



元々、漢文が苦手で商業科だったので、さほど授業もなく、


正直真面目に勉強した記憶もありませんでした。


鍼灸学校時代もその手の勉強には全く興味を示せず、


得意分野のみを極めようと勉強していましたから。



それが、とある転機によって勉強してみようと思うようになって、


それから古典を読み始めた訳です。



全く読めずにいましたが、


勉強を教わった先生には繰り返し読みなさいと言われていたので、


分からなくともとにかく読みました。



あるとき、


「あぁ~、こういう事を言いたいんだな、」


と思えるようになり、何となく理解も深まってきました。



何事も繰り返し継続する事の大切さを改めて感じた訳ですが、


「桃栗三年、柿八年」


とでもいうところですかね。



まだまだ勉強するものはあります。


少しずつ理解をしていきたいと思います。



みなさんも読んでみますか??(笑)



田無の鍼灸師:田中利幸





西東京市 田無の鍼灸院 はり・きゅう施術室 優


月曜 ~ 土曜 9:00 ~ 19:00


日曜・祝祭日 休診


042-453-3600

西東京市 田無の鍼灸院                         はり・きゅう施術室 優

西東京市 田無駅徒歩3分 身体に優しい「はり」と「きゅう」を用いて施術しています。 様々な身体の不調をご相談下さい!

0コメント

  • 1000 / 1000