怪我の度合い

こんにちは!


西東京市 田無の鍼灸院 はり・きゅう施術室 優


田中利幸です!



プロレスラーが試合中に首に大怪我を負ってしまった事で、


首から下が動かないといった状態になっています。


頚髄(けいずい)損傷という大怪我ということで、


医師からは回復の見込みはないと診断を受けてしまったようですね。




頚髄というのは首に位置する場所。


神経の通り道で、


脳からの指令で身体を動かしたり、色んな感覚を脳へと繋げる、大切な経路です。


よく半身不随などと耳にすることがあるかもしれませんが、


その原因となる一つの状態です。




ここまでなってしまうと鍼灸も役に立てる事も少なく、


構造上どうにかなってしまったことは取り戻す事も難しいのが現状です。





試合中の怪我は注意していても起こってしまう事も大いにあります。



ですが、


やはり予め、そうならないように徹底していくべきで、


仮にそうなってしまうと、


どうなってしまうかというリスクについても教えなくてはいけません。




うちの子供は上の子がラグビーをしています。


ラグビーもタックルやボールをもって走りきる際に相手をぶつかります。


首の怪我というのも確率的に少ない事ではありません。



相手とコンタクトする場合は必ず首を上にすること。


決して下を向いて頭に衝撃が加わる姿勢にはしないこと。


これを約束事にしています。



私もラグビーのコーチをしています。


私は競技の経験者ではありませんが、


他のコーチに大切なポイントを教えてもらい、


その部分だけは必ず伝えるようにしています。



決して怪我をしないようにするために。



何かあってからでは遅いですから、未然に防げることはしたおきます。



スポーツは怪我は付き物ですが、


怪我をしないように気を付ける事はもっと大切です。


スポーツは楽しいものだと思いますから。




未経験の競技でも楽しさはわかります。


この一年少しで多少のルールも覚えました。


ラグビーをやりたい子供たちは是非!





田無の鍼灸師:田中利幸

西東京市 田無の鍼灸院                         はり・きゅう施術室 優

西東京市 田無駅徒歩3分 身体に優しい「はり」と「きゅう」を用いて施術しています。 様々な身体の不調をご相談下さい!

0コメント

  • 1000 / 1000