鍼灸施術

鍼灸は様々な疾患に有効性があるとされています。

原因不明の疾患には視点を変えた身体の診方が必要かもしれません。

「病院では何ともないが症状に悩まされる」

そのような状態に悩まされている方には有効な選択肢だと私は思います。

「今悩みである症状が改善されたら」

一緒に改善しませんか??



WHOによる鍼灸の適応疾患


神経系疾患

 ◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー


運動器系疾患

 ◎関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)


循環器系疾患

 ◎心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ


呼吸器系疾患

 ◎気管支炎・喘息・風邪および予防


消化器系疾患

 ◎胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾


代謝内分泌系疾患

 ◎バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血


生殖、泌尿器系疾患

 ◎膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎


婦人科系疾患

 ◎更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊


耳鼻咽喉科系疾患

 ◎中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎


眼科系疾患

 ◎眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい


小児科疾患

 ◎小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

鍼は使い捨ての鍼となっておりますので、感染や安全面には問題ありません!



鍼灸について

当院は鍼灸専門の治療院です。

あくまで伝統的な診断に基づいた鍼灸治療を開院からしております。

もちろん治療はすべて鍼とお灸のみです。

流行りの道具や機械を用いて鍼をする方法も世の中には存在しますが、

当院はあくまで鍼と灸による施術を一貫しています。


鍼灸は医療であり、慰安やサービスとは別物です。

当然、物売りではない訳ですので治療に際して物は売りません。


人は健康である事が当たり前と思っています。

しかし、その当たり前が出来なくなる事程辛い物はありません。

「症状があるから治す」ことも大切なのですが、

「症状が出る前から身体に気を遣う」ことももっと大切です。


その一つの選択肢として鍼灸も存在します。

身体が元気でいる事の有難さを共に考えていきましょう。